美容外科の求人情報をネットで探してみました

非常にスムーズに転職が完了


お化粧品

それまで勤めていた美容外科のクリニックを離れて、違う医院やクリニックへの転職を数年前に考えたことがありました。理由としては引っ越しをせざるを得ない状況に身を置いてしまったので、職場を変えなければ通勤時間が2時間を軽く越えそうだったことが大きいと言えます。職場環境や収入に不満があったわけではないので最初こそ転職活動に乗り気ではなかったのですが、引っ越しの時期が近付くに連れて急いで新しい職場を探さなければ生活がスマートに送れなくなるのではないかといった不安感が襲ってきたことを覚えています。 転職活動そのものが始めてだったので分からないことだらけだったのですが、結果としては非常にスムーズに転職が完了したと言えます。というのもインターネット上に存在している医療系の求人情報のみを専門的に取り扱う転職サイトの支援が受けられ、自身にとって理想的な職場の紹介をとても的確に行なってもらえたからです。様々な職種の求人 情報の中から希望に合った案件を探すのではなく、こちら側の居住地や希望する勤務形態などに沿って最も合致すると思われる求人情報を教えてくれるといった医療系の転職サイトというのは、実のところ結構な数が存在しているようで、その恩恵に与れたという形になったと言えるでしょう。

美容外科 求人
恵聖会クリニック


続きは→情報サイトは本当に役立つのだと実感

トップ

医師免許を取ってから美容外科の求人に応募するまで


私が医師になろうと考えていたのはそもそも美容クリニックで働きたいと考えていたからでした。 女性が活躍できるフィールドで働きたいと漠然と考えていたのが高校の頃のことであり、当時の自分が興味があったのはファッションや美容といったものでした。 勉強はそこそこできるという自信があったので、美容クリニックで自分で手術ができるようになりたいと考えたのです。

医学部に進学して免許を取得してから直接美容外科クリニックの求人に応募したわけではありませんでした。 医局の影響もあってその道を簡単に選べなかったのです。 システム上、研修医として関連病院に行くのが慣習になっている大学だったので、将来的には転職をしようという気持ちで働き始めることにしました。 選んだのは形成外科であり、基本的なスキルを身につけるためにはちょうど良いと考えたのです。 実際に先輩にも転職して美容クリニックで働いている人もいたので、キャリアパスとしては悪くないという考えでした。 無事に三年間の勤務をして少し自由が生まれたので、この段階で転職を決断しました。

仕事を失いたくはなかったので働きながら転職活動をしたのですが、これは今思えばかなり過酷だったと感じています。 毎日夜遅くまで働かざるを得なかったので、休みの日もかなり疲れが溜まっていてそれほど転職活動に身が入らなかったからです。 楽をしなければと考えて選んだ方法がネットで求人を検索する方法でした。 情報誌を集めたり、ハローワークに行ったりするのは手間がかかりますが、自宅でのんびりしながら情報を集められる点でネットが便利だったのです。 医師専門のサイトやメディカル専門のサイトなどを見ていると、いくつかは求人を見つけることができました。 ただ、どうしても気にかかったのが情報が少なすぎるという点です。 求めるスキルとして皮膚科や形成外科が記載されているのは自分にとって選びやすい点でした。 しかし、詳細について何も記載されていない求人ばかりだったのが転職活動に身が入らなかった理由でもあります。 勤務時間や勤務日についての記載はあり、給与についてもかなりの幅があっても書いてありました。 しかし、具体的にどのクリニックなのかや、クリニックの運営方針、システムなどについて一切の情報がなかったのです。 この状態で応募してもし採用されたとしてもどのような仕事をするようになるのかわからないので不安ばかりになってしまいました。

しかし、医師になる目的が美容クリニックで働くことだという気持ちに変わりはありませんでした。 形成外科で経験を積んだからには美容外科が第一希望だったので、とりあえずは順次問い合わせをしていくことにしました。 確かに求人広告には詳細は記載されていないものの、ホームページ上から問い合わせをしてみると 該当する希望が通せるかどうかについての情報は開示してもらうことができました。 常勤で最寄りの地域で働きたいこと、美容外科を希望していることを記載して問い合わせをすると該当する募集が今はないという回答がほとんどでした。 しかし、虱潰しにするつもりで問い合わせをしていたら面接日時の希望を聞いてくれるクリニックが見つかりました。 毎週三つほどの連絡をしていて二ヶ月近くかかってしまいましたが、ようやく面接を受けられる段階に至ったのです。 これだけの苦労をして落とされてしまったらどうしようという気持ちもありましたが、形成外科でのキャリアがあったお陰か採用通知を受け取ることができました。 引き継ぎのために二ヶ月後からの勤務ということで契約をし、ようやく引き継ぎを終えて美容外科の医師として働き始められる段階になっています。